公益財団法人 愛知県緑化センター・昭和の森

花のみごろ



センリョウ(千両)別名クササンゴ センリョウ科
山林の半日陰に自生する高さは50~90㎝の常緑小低木。初夏に黄緑色の小さな花を咲かせ、冬に赤く色づいた実をつけるが、黄色い実のものもある。 葉は、対生で先はとがり、上半部にあらい鋸葉がある。薄い皮質で表面は光沢がある。実は枝先に集まって上向きにつく。 名前がめでたいので、マンリョウとともに正月の縁起物として用いられる。 緑化センターでは、カスケードや流れで多く見ることができる。また、黄色い実をつけるキミノセンリョウは、マンリョウ、カラタチバナ(百両)とともに本館グリーンホールで見ることができる。