公益財団法人 愛知県緑化センター・昭和の森

花のみごろ



山茱萸 (サンシュユ) ミズキ科(別名:春黄金花 ハルコガネバナ・アキサンゴ)      
梅の香りに誘われる時期に、葉の出る前に5mmほどの黄色い小花を枝いっぱいに咲かせる花が黄金色に輝くように咲く姿から「ハルコガネバナ」の別名があり、葉で全く遮られない分、遠目でも鮮やかな色がわかります。 葉はタマゴ型で表面に光沢があります。葉裏は全体に伏毛が生え、葉脈の間には褐色の毛が付きます。枝には左右同じ位置に付く対生です。 「茱萸」はグミのことで、秋にはグミに似た楕円形で光沢のある果実がなり、果実は真っ赤に熟したその様子から、「アキサンゴ」とも呼ばれます。 愛知県緑化センターでは、ロックガーデン、花木展示林、樹木見本林で見ることができます。