愛知県緑化センター・昭和の森

花のみごろ

今月のみどころマップ



フクジュソウ 別名:ガンジツソウ 科名:キンポウゲ科 原産地:日本 草丈:10cm-30cm 学名:Adonis remos
どの花よりも早く顔を出し春の訪れを知らせてくれる早春の草花です。 名前の由来は、春一番(旧暦のお正月)に咲くおめでたい花ということからで、お正月にかかせない花の一つとなっていますが、平均的な開花時期は、2月から4月です。 日本原産の毎年花を咲かせる多年草で、3-4cmの黄色い花を咲かせ、地面からにょっきりと花茎を出して、先端に径3cmほどの丸い花を1~数輪、パラボラアンテナのようにゆるいお椀型の花が真上に向いて咲き、花弁を使って日光を花の中心に集め、その熱で虫を誘引します。その為、太陽光に応じて開閉(日光が当たると開き、日が陰ると閉じる)し、葉は細かく分かれ、夏になると地上部が枯れます。 緑化センターでは、本館入口前で見ることができます。