公益財団法人 愛知県緑化センター・昭和の森

花のみごろ



アオキ(ダルマノキ) ミズキ科アオキ属 
樹木見本林、花木展示林など園内各所で、2㎝ほどの楕円形の赤い実をつけた高さ2mほどの高さで常緑の低木を見ることができます。アオキの名前の由来は、常緑で枝も青いからだと言われています。枝は太く、対生している葉は、厚く光沢がある長楕円形で、縁にはまだらに鋸葉があります。花は3〜5月に咲き、褐色または緑色で枝先に穂のようにつけています。花弁を4枚有し、子房下位、単性花で雌雄異株。雄花は黄色の葯をもつ4本の雄蕊があり、雌花は緑色の子房があります。実は、種子を1個含み、秋頃から赤く(種類によっては白色、黄色)熟し、翌年5月頃まで付いています。葉の緑と、実の赤のコントラストが美しく、葉に白いふ入りのフイリアオキなどは、庭木に好んで用いられます。日本原産で、東北地方南部、関東以西〜沖縄までの森林に自生し、日陰にもよく育ち、北海道、本州北部の日本海側の多雪地には、積雪に適応した変種ヒメアオキが自生しています。