公益財団法人 愛知県緑化センター・昭和の森

花のみごろ



オミナエシ(オミナエシ科)
多年草。秋の七草のひとつで、草の丈は60~100㎝、茎の上部はよく分枝し、8~10月に黄色の花を散房状に多数つける。花は直径4mmくらいで、花冠は5裂し、筒部は短い。姿形のよく似た白い花を咲かせるオトコエシ(男郎花)もある。名前の由来は、美女も圧倒する美しさという意味の「おみな圧し」からきているという説や、小さな黄色い小花が女性の食べていた粟飯=「おみな飯」に似ている事から名付けられたという説がある。愛知県緑化センターでは、ロックガーデンで見ることができます。